ネット銀行で金利運用



メガバンクよりはマシ


リスク資産へは、毎月30,000円の積み立てを予定しています。

その内訳は
確定拠出年金に23,000円
NISAまたは特定口座で7,000円

これでも頑張った額ではあるのですが、少ないですかね?
我が家はシングルインカム、専業主婦と子供を2人抱えていますのでこの程度がギリギリのラインかなと考えています。

一応、一般的に必要だと言われるように、私も生活防衛資金を準備しました・・・というか、たまたまそれだけの貯金がありました。
850万円、家族が2年間以上は生活できると思われる額です。

でも、だからといってこれから発生する余剰資金を全て投資に突っ込むつもりは無く、安全資産としての預金は今後も積み上げていく予定です。

安全資産といえば、現金と個人向け国債がそれに該当するそうですが、現時点では個人向け国債を利用することは考えていません。

なぜか。
単純に金利が低いから。

個人向け国債変動10は最低金利が設定されており、世間がマイナス金利となっても0.05%より低い金利にはなりません。

最近のメガバンクの普通預金金利が0.001%であることを考えると破格の金利ではあるのですが、一部のネット銀行の金利の方がまだまだ高い事を知ってしまった為、国債を購入するメリットを正直感じません。

例えば
楽天銀行:0.1%
イオン銀行:0.12%

メガバンクの普通預金金利の100倍以上!
個人向け国債変動10の2倍以上ですよ!

いずれも、銀行と証券口座の両方を開設しなければならないとか、クレジットカードを作らなくてはならないといった縛りはありますが、その手間さえ惜しまなければこの恩恵を受けられます。

もちろん、銀行の判断で今後金利が引き下げられる可能性はありますが、それまではネット銀行にお世話になろうと考えています。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿