投信ポイントは考慮すべき?



貰えるなら貰いたいけども・・・


先日、やっと開設されたNISAでインデックスファンドの積立設定を行いました。

SBI証券で口座解説をしたのですが、たわらノーロード先進国株式の積立を設定していた時、


投信マイレージサービスの対象外となります


といったような表示がされていたんですよね。
ん?マイレージ?

あまり詳しく調べずに口座開いちゃってたんですが、投信マイレージって何ですのん?

SBI証券のホームページを確認してみると、
投資信託の保有額1,000万円以上で0.2%、1,000万円未満で0.1%のポイントが貰えて、ポイントは現金とかTポイントに交換することができると書いてありました。

ほーん。


実質的に、信託報酬が0.1%か0.2%も割引かれる事になるわけですか。
これ、結構大きいですよね。

ただ、下記のいくつかの投信ではポイントを貰うことができないそうです。


ひとくふう日本株式ファンド
日経225インデックスe
たわらノーロード 国内債券
たわらノーロード 先進国株式
たわらノーロード 先進国債券
三井住友・日本債券インデックスファンド
三井住友・DC外国債券インデックスファンド
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)
三井住友・DC年金バランス50(標準型)
三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)
三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
EXE-i 先進国株式ファンド
EXE-i 新興国株式ファンド
EXE-i グローバル中小型株式ファンド
EXE-i 先進国債券ファンド
EXE-i グローバルREITファンド
MMF、中国F、MRF
外貨建MMF
ETF、REIT 

いずれも、信託報酬の低いファンドばかりですね。
私が積立予定のたわら先進国はポイント付与対象外ですが、たわら新興国、ニッセイTOPIXインデックスファンドはポイントがもらえますね。

SBIポイントが貰えて、信託報酬が最も安い先進国株式インデックスファンドはSMTグローバル株式インデックス・オープンと、外国株式インデックスeでしょうか。

ポイントを加味して、コストを比較するとこうなりました。
たわら先進国はまだ実質コストが分からないので、ニッセイ外国株式を参考に。




ほー。

ポイントを加味したとしても、元の信託報酬が安いほうがコストは低くなるのか・・・これであれば、とりあえずはポイントの有無は考慮にいれなくても良さそうですね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿