SSgAより超超低コストインデックスファンドの発売決定


なんか凄いのきた



ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズより、超超低コストインデックスファンドが設定されるとの事。

EDINETに有価証券届出書が登録されています。

2016年5月6日より設定開始予定とのこと。
下記に信託報酬をまとめてみました。




な・・・なんですかこの信託報酬は!?


ステート・ストリート日本株式インデックス・オープンは、TOPIXに連動するインデックスファンドです。
TOPIXといえば、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドが信託報酬0.29%で最も低コストな投資信託でした。
ステート・ストリート・日本株式インデックス・オープンは0.18%と0.11ポイントも下回っています。

もはやETFと変わりませんね。

そして何より、特筆すべきは新興国株式の信託報酬0.29%!

私が積立てているたわらノーロード新興国株式が0.495%ですので0.205ポイントも下回っています。
圧倒的な低コストです。

何かの間違いでなければいいのですが。。。

ただ、新興国株式についてはマザーファンドの規模がまだ7億円程度であることが心配です(たわらノーロード新興国株式のマザーファンドは375億円)。
マザーファンドの規模が小さいため、どの程度安定した運用がなされるのか気になるところです。

そして販売会社は、なんと三井住友信託銀行のみとの事。
現状、口座持っていませんし、わざわざ作る気もありません・・・結局買えないじゃないですか。

設定後、早い段階で主要ネット証券でも販売されるようになって欲しいですね(乗り換えるかどうかは分かりませんが)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿