楽天銀行マネーブリッジは2016年8月も金利0.1%を維持


やったね!



8月になりました。
今年は史上最高に暑い夏になると聞いていたので、通気性のよいスラックスやYシャツを購入して準備万端でいるのですが、いつになったら暑くなるのでしょうか?
このまま秋になってしまったら、許しませんよ気象庁。

そんな微妙な暑さも吹き飛ばす、預金金利の話です。

私は現在、安全資産は銀行の普通預金で運用しています。
安全面で言えば、個人向け国債が最も安全な運用となるのですが、現時点では購入していません。
預金総額がまだ1行1000万円に届いておらずペイオフを気にする必要は有りませんし、普通預金であれば必要な時にはすぐ引き出すことができますので。
ただ、銀行が破綻してしまうと暫く引出せなくなる可能性がありますので、メガバンク、郵貯、ネット銀行と3行に分散預金しています。

楽天銀行マネーブリッジは金利0.1%を維持

銀行預金の多くはネット銀行、中でも楽天銀行のマネーブリッジに預けています。
楽天銀行の直近の普通預金金利は0.02%ですが、楽天証券との間でマネーブリッジを設定する事で金利が5倍、0.1%となります。
メガバンクの普通預金金利の多くが0.001%まで低下している中で、0.1%は破格の高金利です。
2016年8月も、金利0.1%が維持されることが発表されました。

個人向け国債より高利率

個人向け国債を購入しない理由として、資産額が少ないことを挙げました。
1人1行1000万円までは保証されますので、ワザワザ個人向け国債を購入する必要は無いと考えています。

そしてもう一点、個人向け国債変動10年の金利が0.05%と、ネット銀行の金利以下に下がっている事も大きな理由です。
同じ元本保証商品であるならば、より金利の高い運用を行いたいところです。

今後、ネット銀行の預金残高が1000万円に到達するか、個人向け国債の金利が逆転した場合、個人向け国債を購入しようと思います。

楽天銀行 カンタン申込


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿