三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドについて考察


目論見書も運用報告書も読まなくても分かるように



三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドは、三井住友アセットマネジメントが運用する、日本国内株式クラスのインデックスファンドです。
確定拠出年金向けファンドとして設定されましたが、2016年に一般の証券口座でも購入する事ができるようになりました。
今回は、このファンドを考察してみたいと思います。

三井住友・DCつみたてNISA日本株インデックスファンドS


基本情報

設定日:2011年12月9日
決算日:毎年11月30日
運用方式:ファミリーファンド方式

ベンチマーク

TOPIX(配当込み)

手数料

購入時手数料:無し
信託財産留保額:無し

信託報酬

信託報酬:0.16%(税込み0.1728%)

(内訳)
委託会社:0.07%、販売会社:0.07%、受託会社:0.02%

実質コスト推移

第5期(最新):0.199% (税込み0.2152%)
第4期:0.198% (税込み0.2143%)
第3期:0.201% (税込み0.2165%)

マザーファンドの規模

国内株式インデックス・マザーファンド(B号)純資産:約2046億円
※2016年11月30日現在(最新)

純資産推移
2015年11月30日:約2247億円
2014年12月  1日:約2788億円

管理人の考察

TOPIXをベンチマークとするインデックスファンドにおいて、TOP3に入る低信託報酬の投資信託です。
ニッセイTOPIXインデックスファンドの信託報酬引き下げにより、No1低コストファンドの座は譲ってしまいましたが、その差は0.01ポイントですので、十分低コストと言えるファンドです。


また、マザーファンドも2000億円以上の資産額があり、運用の安定性も問題ないと言えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿