積立投資のすべて


読書感想文です


「積立投資のすべて」という本を読みました。
2011年出版の本なのですが、積立投資(ドルコスト平均法)を行っていく上で非常にためになる良い本でした。



まず始めに本書は、インデックス投資本ではありません。
「積立投資」を行う事についての、著者の研究書です。

様々なインデックス投資に関する書籍において、積立投資を「基準価額が高い時には少ない口数を、安い時には多くの口数を買うので平均化される」と説明されています。
しかし、そもそも口数とは何なのかという事を説明している本は殆どありません。
本書では口数と基準価額の関係、そしてそれらが積立投資の損益にどう関わってくるのかが、たくさんのケーススタディによって詳しく解説されています。

また、一括投資と積立投資について、それぞれのメリットとデメリット、損益にどのような違いが出てくるのかという事についても解説されていますので、私の様に何となく積立投資を始めた人にとっては新しい発見が多々あると思います。

投資信託の仕組みについて、私は何も理解していなかったんだという事をハッキリと感じました。
頭を殴られたかのような衝撃を受けましたよ。

インデックス投資本だけを読んで積立投資を始めた人に、ぜひ読んで頂きたいと思える一冊です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿