楽天証券iDeCo(個人型確定拠出年金)運用商品全ラインナップが判明


たわら!


楽天証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)の運用商品について、第2段の発表がありました。
これで全商品が判明しました。
未発表となっていた先進国株式はあの低コストファンドでしたよ!

個人型確定拠出年金全商品ラインアップの決定、口座管理手数料無料の条件変更のお知らせ - 楽天証券

運用のメインになると考えられる先進国株式は、たわらノーロード先進国株式でした。
さらに前回発表時には口座管理手数料が20万円以上で無料とされていましたが、10万円以上で無料に変更になったとの事。
月額の拠出額上限の低い公務員でも1年を待たずに無料にできるのは大きなメリットですね。

さて、こちら一応インデックス投資ブログですので、インデックスファンドのみ抜き出してみました。

アセットクラス ファンド名 信託報酬
(税込み)
国内株式 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.2052%
たわらノーロード日経225 0.2106%
国内債券 たわらノーロード 国内債券 0.1620%
国内REIT 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.2808%
海外株式 たわらノーロード 先進国株式 0.2430%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.5940%
海外債券 たわらノーロード 先進国債券 0.2160%
たわらノーロード 先進国債券
(為替ヘッジあり)
0.2160%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券
(1年決算型)
0.5616%
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.3024%

充分に安い信託報酬のファンドで揃えてきています。
口座管理手数料の安さも含め、コスト競争で他社より何十歩も前に出た感があります。


現状、これからiDeCoに加入するのであれば、楽天証券で申し込むと最もお得に老後資金の運用ができますね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿