インデックス投資はサラリーマンに丁度良いと思った1年目


本当にそう思います。


インデックス投資1年目もそろそろ終わりに近づいてきました。

投資を始めた3月当初は、毎日のように口座の状況を確認してはプラスにウキウキ、マイナスにドキドキしていましたが、それも今や昔の話。
最近では、毎月末にブログの資産状況を更新する為以外には証券口座にログインしなくなってしまいました。
見たところで増えるわけでもないですし。

インデックス投資前後で何かが変わったのかといえば、新聞やネット上のニュースを読むようになった事とブログを書くようになった位のものでしょうか。
それ以外の時間は平日は仕事、休日は子供の相手、夜はゲームと何も変わらぬ日常を過ごしています。

一応、新規設定のインデックスファンドがあれば目論見書や、新たに公開された運用報告書があれば確認してはいますが、それもこのブログを書いていなかったら読む事なんて無かったでしょう。

一度積立設定さえしてしまえば時間も手間も取られないというのは、片手間で投資を行う私のような人間には本当にありがたいことです。
なかなか自分の時間を持つことができない、子持ちサラリーマンにもってこいの投資手法だなと感じました。
あとは数十年後に利益が出ていれば、言うことなしですね。

手間暇かけない手法としてインデックス投資が有効だと分かりましたが、資産を増やす手法としての有用性は1年目ではまだ分かりません。
2年3年と継続していき、その効果や問題点などを発見していきたいと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿