iFreeシリーズの運用報告書が公表されました


まぁちょっと期間が・・・。



2016年9月に設定されたばかりのiFreeシリーズですが、その内11月30日に初決算を迎えた4ファンドについて運用報告書が公表されました。
実質コストを算出しましたので、下記ご確認ください。

ファンド名    信託報酬       実質コスト  
 iFree外国株式インデックス  0.21% 0.275%
 iFree日本債券インデックス  0.14~0.22% 0.140%
 iFree外国債券インデックス  0.18% 0.208%
 iFree外国REITインデックス  0.31% 0.769%
※信託報酬、実質コストは税抜きです。


運用3ヶ月にも満たない内の初決算ですので、実質コストは年率に計算しております。
日本債券、外国債券については、国内インデックスファンドでは最安値の実質コストです。

REITについては個人的に特に追いかけていないので、他と比較してどうなのかはわかりませんが、ずいぶん実質コストがかかっている印象です。

先進国株式クラスであるiFree外国株式インデックスの実質コストは税抜き0.275%と、たわらノーロード先進国株式の0.259%よりも高コストとなりました。
iFree外国株式インデックスのマザーファンド規模は、たわらノーロード先進国株式の半分程度ですので、そのあたりが結果に影響したものと思われます。
 



スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿