たわらノーロードシリーズが信託報酬引き下げを発表!


これで勝つる!?



iFreeシリーズに続き、たわらノーロードシリーズが信託報酬引き下げを発表しました。

「たわらノーロード」の信託報酬を一部引き下げ - インデックスファンドシリーズとしての魅力度向上を目指して -アセットマネジメントone

合わせて、積立NISA対象ファンドも発表されました。


TOPIXは0.17%、先進国株式は0.20%、新興国株式は0.34%へと引き下げられます。

引下げ実施は2017年12月30日付けということで、つみたてNISA開始に合わせて引き下げる算段ですね。

全く動く気配を見せずにいた たわらシリーズですが、このタイミングでさすがに動きましたね。
引下げ実施まで3ヶ月以上あるにも関わらず発表したということで、これ以上動かずにいたらさすがに見限られると感じ取ったのでしょうか。

iFreeシリーズ、たわらシリーズが動きを見せた事で、まだ動きを見せていないeMAXIS Sllimシリーズ、<購入・換金手数料なし>シリーズ、三井住友・DCシリーズがどんな手を打ってくるのか、しばらく目が離せませんね。

個人的には三井住友・DCシリーズに大きな期待を持っているのですが、期待に応えてくれるものと信じていますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿