仮想通貨は見ているだけが一番楽しい


超楽しい。


仮想通貨盛り上がってますね、色んな意味で。

昨年末、ビットコインが最高値200万円を記録したと思ったら年明け後には一時100万円を割るほど暴落し、さらには取引所のコインチェックがハッキングされ600億円近い通貨が盗まれてしまうなど、話題が尽きません。
見ているだけの私が非常に楽しいので、実際に保有している人にとっては堪らないでしょうね。
暴落時と、コインチェックのハッキングが発覚した日の阿鼻叫喚はもう、最高でした。

私は1BTC=100万円位の時に興味をもって少し調べたりしたのですが、結局購入はしませんでした。

  • 「通貨」であるにも関わらず、決済に使用できる環境がほぼ未整備。
  • 仮想通貨自体は何も価値を産まない。
  • リスクの割に税率が高すぎる。
  • 損益通算できない。
  • 大学生とみられる若者達が電車内で話題にし、保有している通貨の価格をチェックしていた。
  • 仮想通貨をモチーフにしたアイドルが登場。

最後はちょっと蛇足ですが、これらの懸念点がパッと浮かぶあたりで「あ、こりゃダメだ」と判断して傍観者に徹しています。

結局のところ、投機にはなっても投資にはならないわけですよ。
上がる理由も下がる理由も判然としませんし、FXと同じ、いやそれ以上に丁半博打の色が濃いと感じます。
今後通貨としての利便性が高まり、その通貨での決済が必要にならない限り、仮想通貨を購入することはないでしょう。

気になるのは、テレビなどでは仮想通貨が「寝ているだけでお金が増える」だの「億り人」だのと煽るような紹介のされかたをしていたことです。
取引所のCMも多く流れていましたし、仮想通貨を購入した人の中には、少なくない人数の投機経験の無い初心者がいることでしょう。
その人達が、1月の暴落やコインチェックのハッキングに巻き込まれて無事でいるのでしょうか。
大きな損失を出してしまっていたら、流出に巻き込まれていたら、投資=怖いという認識を持ったまま投資の世界からいなくなり、二度と戻って来ることはないでしょう。

せっかく持った投資、資産形成への興味、非常にもったいない。

これを機会に投資をやめてしまうのではなく、投資や資産形成を1から勉強してみてください。
そしていつか、インデックス投資に辿り着かれることを願ってやみません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿