暴落を待つより早めに投資したほうが得?


損した気分。


世界的に株価が暴落したことから、先日投信のスポット購入を行いました。

これは、MSCIコクサイインデックスのチャートなのですが、赤い点が約定した点です。約定後さらに下がってしまいまして、非常になんとも言えないこころもちなのですが、それでもピークからはかなり下がったところで約定できましたので、とりあえずは満足です。
今後さらに下落するようでしたら、追加投資も考えたいと思いますよ。

ところで、上記のチャートは直近3ヶ月のチャートなのですが、少し期間を伸ばしてみましょう。

1年


10年
おやおや?
安い所で買えたと喜んでいましたが、安いと言っても昨年12月と同水準、この10年で見たらほぼピーク地点じゃないですか。

長い期間の推移をみると、5%や10%程度の暴落に喜んでスポット購入するくらいなら、資金ができた時点でさっさと投資してしまう方が正解なんじゃないかと思えます。

いわゆる機会損失というものですね。

ただ・・・上り調子のときに一括購入したり積立金額を増額するというのは相当勇気が必要で、暴落時でもなければなかなか思い切れませんよね。
どうしても待機資金ができてしまいます。

投資一年目、二年目のときにもっと資金投入できていたらなぁ。
今回の暴落で得したと思っていたのに、何だか損した気分ですよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿