楽天ブラックカードのインビテーションが届きました!条件や特典について調べてみたよ!


ステイタス・・・なの?


現在我が家では、食費や日用品といった生活費のほとんどを楽天カードで支払っています。
多少波があるとはいえ、毎月10~20万円前後の利用金額で推移していますので、1%ポイント還元により毎月ウッハウッハしています。
使用しているのは年会費無料の平カードなのですが、ショッピング枠にもポイント還元率にも不満はありません。
むしろ満足しています。

そんな私に、なんと楽天ブラックカードのインビテーションが届きました。

年会費3万円もします。
高っ!シュレッダー直行!!

と、年会費を見た瞬間衝動的に捨ててしまおうかと思ったのですが、フト気になりどんなカードなのか調べてみました。
すると、楽天ブラックカードはインビテーションを受けた人しか申し込む事ができないという、非常にレアなカードなのだとか。
数年前までは、カードが実在するのかどうかが話題になる程のレア度だったそうです。

何でそんなものが上場もしていない中小企業勤務、年収数百万程度の私の元に届いたのか分かりませんが、作りたくても申込む事すらできない人の多いクレジットカードと聞くと少し心が揺らぎます。

また、このインビテーションの有効期限内に申し込むと1年間年会費が無料になるそうです。

ちょっと興味が湧いてきましたよ。

そこで、シュレッダーにかけるのは一旦保留にして、どんなメリットがあるのか、年会費を支払ってまで保有する有効性があるのか少し調べてみました。

楽天ブラックカードの年会費と特典


年会費

30,000円(税抜き)

インビテーションにより年会費1年無料になります。

カードブランド

JCBまたはMastercard

VISAは設定されていません。

ポイント還元率


利用額の1%を楽天ポイントで還元。
楽天サービスでの利用時は+1%。

楽天以外での利用時の還元率が平カードと変わらないのはちょっと残念ですね。

空港ラウンジ

①国内主要空港ラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港ラウンジ、韓国・仁川国際空港ラウンジが無料利用可能

②プライオリティパス(同伴者2名まで無料利用可能)

プライオリティパスの中でも本人と同伴者2名(計3名)が無料でVIPラウンジ利用できるのは、あの有名なアメックスセンチュリオンと同等のサービスです。

国内外旅行時の障害保険が自動付帯

国内外への旅行時、最高1億円の保険が自動付帯されます。
通常、旅行代金をカードで支払った場合に付帯される場合が多いですが、楽天ブラックカードでは持っているだけで自動付帯されます。

コンシェルジュの利用

MastercardではMastercardプラチナコンシェルジュ。
JCBではJCBプラチナコンシェルジュを利用可能です。

飲食店の予約や旅行プランの相談などができるとの事。
便利そうですね!でも活用できる場面がどれだけあるかな。

その他特典

Taste of Premium(Mastercardの場合)
JCBプラチナカード特典の一部(JCBの場合)が利用可能

JCBプラチナ特典が全て受けられないのは非常に残念です。
JCBブランドでは、高級レストランのコース料金が1名分無料となる「グルメベネフィット」や京都のJCBラウンジが利用できないのだとか。

インビテーションを受けられる条件について

楽天ブラックカードがレアカードとされる理由の一つに、インビテーションの入手条件が不明であるという点があります。

楽天カードの利用状況だけでなく、他の楽天サービスの利用状況など多くの要因が重なってインビテーション対象に選ばれるようですが、ハッキリした事は分かっていません。
楽天ブラックカードを狙っている人のために、私にインビテーションが届いた時点の状況を記しておきます。

楽天カード利用状況

ノーマルの楽天カードを使用(利用歴6ヶ月)。
私用の本人カードと、妻用の家族カードを発行しています。
毎月の使用額は10万円~20万円程度。

楽天会員ランク

ダイヤモンド会員。
楽天市場等の使用はあまりなく、ほとんど楽天カードの利用により得たポイントでダイヤモンドランクとなりました。
ダイヤモンドランクとなったとたんにインビテーションが送られてきました。

楽天銀行口座

500万円程度の普通預金残高がありました。

楽天証券口座

開設済み。
しかし取引実績は無く、実質休眠口座状態。

他の楽天サービス

利用実績なし。

私の場合は、楽天カード、楽天会員ランク、楽天銀行残高がインビテーション対象に引っかかったようです。

申し込んでみます! 

一時は捨ててしまおうかと思ったインビテーションですが、年会費1年無料となる事ですしお試しで申し込んでみようと思います。

まさか断られたりとか無いですよね?
まさか、ね?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿