たわらノーロードシリーズの第二期実質コストが判明


なんとか首位キープ。



たわらノーロードシリーズの運用報告書が公開されました。
各ファンドの実質コストを下記にまとめてみました。


ファンド名 信託報酬(税抜き) 実質コスト(税抜き)
たわらノーロード先進国株式 0.225% 0.2602%
たわらノーロード先進国株式
(為替ヘッジあり)
0.225% 0.2673%
たわらノーロード新興国株式 0.495% 0.7045%
たわらノーロードNYダウ 0.225% 0.4861%
たわらノーロードTOPIX 0.18% 0.1833%
たわらノーロード日経225 0.195% 0.2015%
たわらノーロード国内債券 0.15% 0.1519%
たわらノーロード先進国リート 0.35% 0.4639%
たわらノーロード先進国リート
(為替ヘッジあり)
0.35% 0.4683%
たわらノーロード国内リート 0.300% 0.3037%
たわらノーロード先進国債券 0.20% 0.2157%
たわらノーロード先進国債券
(為替ヘッジあり)
0.20% 0.2126%

※運用期間が1年に満たないファンドも、1年分のコストとして算出しています。

先進国株式の前期実質コストは0.259%でしたので、残念ながら0.0012%のコストアップとなってしまいました。
しかしそれでもまだ、先進国株式における最低コストの座は守られそうです。

12月30日には、信託報酬が引き下げられる予定です。
引き下げ後の信託報酬0.200%と、既に引き下げを実施しているeMAXIS Slim先進国インデックスの0.189%に遅れをとっています。

現時点ではそれでも、たわらノーロード先進国株式の方が実質コストは低くなる見込みですが、対応する気があるのかどうか、非常に気になるところですね。 

新興国株式など他のファンドもeMAXIS Slimシリーズに水をあけられてしまっている現状ですので、今年中に発表される事を願います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿